PROFILE

本名
一般社団法人ハートフルライフ協会
ニックネーム
ハートフルライフ
現住所
日本 東京都 中央区
出身地
日本 東京都 中央区
自己紹介
ハートフルライフでは「人と人の結びつき、助け合いをもっと」を基本理念として活動しております。

ハートフルライフのサービス

お客様の資金調達(事業資金、運転資金、つなぎ資金)を必ず実現できるサービスがあり、早期に売掛金を資金化することが可能となりますので、お客様のキャッシュフロー改善に貢献いたします。

少額、多額の売掛金、支払いサイトが短い、長い売掛金やスポット取引での売掛金などを早期資金化することが出来ます。

資金調達とは、とても重要な事

企業等が何かを始める為には、予めある程度のお金を用意しておかなければいけません。

その時に必要となるのが資金調達です。

多額の資金を用意しておけば、やりたい事などを行いやすくなるからです。
また資金が足りないと言う理由で事業を途中であきらめたりしなくても良くなります。
もちろん事業を始める為だけでなく、実際には運転資金としてもお金は必要となります。

資金調達を行う場合、主に2つの方法で行う事ができます。

出資

その一つが出資で、これは返済する必要が無いお金のことで、集めたお金を自由に使う事が出来るようになります。
しかし何もメリットも無く相手も出資してくれるわけではない為、この場合は出資者に経営権を持って行かれてしまうことも少なくありません。

また利益が出た場合は配当金として還元する必要も有るため、貰ったらそのままに出来て、何も気にしなくても良いと言う類のお金ではないと言う事になります。

出資は自己資金の投入もありますが、出資者を募り方法もあります。

ただ自己資金を利用する場合は自分のお金なのでそれ程問題はありませんが、出資者に出してもらう場合はその人が経営に口出しする事もアリ、自由な経営ができなくなる可能性が出て来ます。

融資

もう一つは融資で、これは個人や金融機関からお金を借りる事で、この場合は返済の義務が生じ、借りたままにして置く事は出来ません。

金融機関を利用する場合が一般底となっていますが、その場合は審査を受ける必要があり、さらに金利の負担も有るため、長期的に返済する場合は出来るだけ返済総額を良く見て最も利用するメリットの感じられるところで融資を受ける事になります。

個人からの融資は確かに審査等も必要とはありませんが、返済できなくなってしまった場合は信用を失う等のデメリットもあるので、安易に利用出来る方法と言う訳ではありません。

資金調達自体は起業にとっても重要なポイントになります。
しかしその方法によってはその後の運営等にも影響を及ぼす可能性は十分あります。

スポンサードリンク


この広告は一定期間更新がない場合に表示されます。
コンテンツの更新が行われると非表示に戻ります。
また、プレミアムユーザーになると常に非表示になります。